岩田健「母と子のミュージアム」


6/28のアクセスが多かったので、
6/27のエントリーに関して少し。

近作「トーレス・ポルタ・フィラ(バルセロナ)」から、
日本での「せんだいメディアテーク」、
そして「ダイヒマン中央図書館コンペティション応募案(オスロ)」、
今治のミュージアムまで、スライドを交えての講演。

詳細はこちらでも紹介されています。
(telescoweb テレスコウェブ)

あわせて、こちらも。
(asahi.com 朝日新聞社)

翌日のワークショップを観ることができなかったのは残念ですが、高校や大学時代の色々な方に出会えて少し懐かしい一日でした。

6/30付の愛媛新聞には
岩田健 母と子のミュージアム
についての話題も。

一連の計画には様々な意見もあるでしょうが、
地元・今治の方はもちろん、愛媛や広島の皆さん、
ぜひ、前向きに関わってみませんか?

写真は「a+u 472 特集:伊東豊雄/建築と場所」
今治に関する作品は下記にも掲載されています。
伊東豊雄読本 2010
| hatadera | その他告知 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.hatadera.net/trackback/1130788